共通基盤技術開発

共通基盤技術開発

概要

「共通基盤技術開発」では、本プロジェクト全体に関わる基盤技術の開発や、現時点ではまだ実用化に至っていない新たな技術の発掘を目標とします

具体的には、脳に情報を入力するための新規技術の探索を行っていく予定です。

また、本プロジェクトの成果を社会実装するための具体的な方策を検討し、ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)技術を一般の方々に体験してもらう機会を用意することも本研究開発項目の範囲内です。

これらを通じて、社会におけるBMI技術に対する受容と需要の形成を促進し、多くの人々が本プロジェクトの恩恵を得られる社会と産業を開拓していきます。

メンバー

  • 金井 良太
    KANAI Ryota

    株式会社アラヤ 代表取締役

    本課題では、脳へ詳細な情報を伝達するための入力インターフェイス技術、また、複数の研究チームの共通基盤として社会実装を推進するメカニズムについて俯瞰的な調査を行い、プロジェクト全体での成功に効果的に貢献するように各課題の詳細を具体化し、最も適した課題推進者の選定を行います。将来のBMIでの情報入力技術として可能性のある技術を発掘し、新たな研究課題として設定し、本プロジェクトにおける実用的なBMI開発を加速します。

  • 駒村 圭吾
    KOMAMURA Keigo

    慶應義塾大学 法学部 教授

    BMIやCAを中心とするIoB技術の進展は、法学をはじめとする人文知に革命的変革をもたらすのか否か、これを確かめることが私に与えられた課題です。身体の制約からの解放は、法学上の重要概念でもある「人」のコンセプトに変容を迫ります。そこで、本研究は、①IoBが法学や人文社会科学の基礎理論にもたらす変革を見定め、それがもたらす知的世界への衝撃を新たに記述する「総合知」の開拓を目指し、②かかる新技術を社会実装する際の法的問題を解明し、IoBの現実化を社会的に受容する「実践知」を案出すること、これら二つの軸を立てました。秩序の維持と変化の学問である法学の視点を切り口に、法学者と法曹が一体となって上記に挑戦したいと思います。