IoB極低侵襲技術開発

共通基盤技術開発

概要

「IoB極低侵襲技術開発」では、BMI技術の普及が拓く、さまざまな社会課題解決の実現を目指して、現在研究が進められている既存の計測技術にとらわれない画期的な技術開発を行います。

そこで、外科的な処置が必要な侵襲型と比べ、ごくわずかな侵襲で、かつ、体の表面から情報をとらえる非侵襲型より高性能なBMI技術を開発し、既存技術では実現困難な高精度と安全性の両方を有する、新しいBMI領域を創出します。

さらに、この新規技術開発に対しても、最先端AI技術を組み合わせることで、他のBMI研究との融合研究を加速させ、IoB全体で技術開発をよりよいものにしていきます。

これらの取り組みにより、IoBでカバーするあらゆる技術をシームレスに活用することで、利用者の要望やその用途・目的に応じた最適な技術を適切に提供することを目指します。

メンバー

  • 関谷 毅
    SEKITANI Tsuyoshi

    大阪大学 産業科学研究所 教授

    本研究では、柔軟性を特長とするフレキシブル・ストレッチャブルエレクトロニクス技術を活用した「極低侵襲BMIシステム」を開発いたします。極めて柔らかい脳神経細胞やヒトの表皮に、長期間、極艇侵襲性でアクセスできる脳計測技術を確立し、中枢神経系疾患、脳関連疾患の医療に貢献して参ります。多様な研究者が集うプロジェクト内での連携を通して、この真に社会に役立つBMIを実現いたします。

  • 中村 元
    NAKAMURA Hajime

    大阪大学大学院医学系研究科 脳神経外科学 講師

    本研究では、これまでに脳神経外科診療で培われてきた解剖学的知識や診療技術を総動員し、患者さんの負担を極力減らしつつ直接脳波情報を獲得できる「極低侵襲BMIシステム」を開発します。本システムを確立することができれば、侵襲的な外科的処置を行うことなく高い精度で長期に渡り脳波情報を獲得することが可能となり、病気や外傷によりご自身の意思や行動を思い通りに表出できなくなっている患者さんの生活の質を向上できるものと考えています。