IoBとは

IoB全体図

ムーンショット目標1の「2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」にむけて、サイバネティック・アバター(CA)を利用することで、誰もが自由に身体能力や認知能力を拡張し、生活に活用できる技術開発と社会への普及を目指します。

私たちは、研究究開発プロジェクト「身体的能力と知覚能力の拡張による身体の制約からの解放」を進めています。

本プロジェクトの最終目標としては、ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)技術を活用し、脳がインターネットと繋がり、サイバー空間とリアル空間が融合したサイバーフィジカル空間でのCAを自在に操作したり、他者やAIと直接コミュニケーションしたりすることのできる「Internet of Brains (IoB)」の実現を目指しています。

この目標に向けて、現時点においては比較的基礎研究の段階にあるBMI技術を、発展の目覚ましいAI技術と組み合わせることで、段階的に実用レベルまで向上させていきます。

また、このような技術が社会に導入される際には、倫理・法・社会・経済において多くの課題が想定されますが、これらにも先見的に取り組みながら、使用に向けたガイドラインを示しつつ、実用化にふさわしい技術を社会実装していきます。

本プロジェクトを通じて、多くの新技術を生み出していくことのみならず、産業化による経済効果が生まれることを期待しています。

さらに、その効果が関連する基礎研究にも波及してフィードバックを与え、経済と基礎研究間で循環する『新しいサイエンス』の発展にもつながることを願っています。

 

金井 良太
KANAI Ryota

株式会社国際電気通信基礎技術研究所 事業開発室 担当部長
株式会社アラヤ 代表取締役